So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

統一教会信者か、女2人逮捕=印鑑購入迫った容疑−大分県警(時事通信)

 印鑑の購入を執拗(しつよう)に迫ったとして、大分県警は4日、特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で、元印鑑販売会社従業員でアクセサリー販売業梶谷利恵子(57)=岡山県倉敷市酒津=とパート従業員工藤淑江(48)=大分市下郡南=両容疑者を逮捕した。県警によると、いずれも「そういう売り方はしていない」などと容疑を否認しているという。
 2人は世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者だと話しているといい、県警は今年1月、自宅とともに統一教会の大分教会などを家宅捜索していた。
 2人の逮捕容疑は2008年8月、大分市の無職女性宅を訪問するなどして、「奥さんの名前の字画はよくありません。大凶ですね」などと言って、印鑑の売買契約を迫った疑い。
 女性が購入した印鑑は計2セット(6本)で約50万円だったという。
 統一教会広報局の話 営利事業を一切しておらず、会社とは関係がない。信者が個人的な活動で違法性を問われることがないよう指導を徹底していく。 

【関連ニュース】
女性下着会社に業務停止命令=会員が虚偽内容で勧誘
DS関連業者に初の行政処分=2社に業務停止命令
就職不安に付け込み不当契約=英会話会社に業務停止命令
マルチ3社、90億円所得隠し=ネット上の仮想空間ビジネス
営業委託先に「実体なし」=携帯充電器マルチ商法

<津波>足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧(毎日新聞)
小中学校7割が実施へ=学力テスト、11県で全校参加−文科省(時事通信)
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児−埼玉県警(時事通信)
<自殺サイト>「見届け役」被告に有罪判決 福岡地裁支部(毎日新聞)
小沢氏と創価学会首脳が会談 融和か拙速か 本音は(産経新聞)

消えた厚生年金の救済、新法は当面見送り(産経新聞)

 長妻昭厚生労働相は2日午前の記者会見で、厚生年金保険料の納付記録がない「消えた年金」の被害者救済について、新規立法や法改正による救済基準の見直しは当面見送る考えを明らかにした。

 長妻氏は「当初法案でなければ記録の回復はできないと思っていたが、法律によらずとも年金事務所に指示をしてできることが分かった」と説明。「法改正の必要性は薄れてきている」として、今後は年金事務所への通知などで救済基準を緩和し、被害者救済を進めていく方針を示した。

 「消えた年金」の救済をめぐっては、昨年の通常国会に民主党など野党3党が「年金記録回復促進法案」を提出したが廃案になっていた。政権交代後の昨年11月、長妻厚労相直属の有識者会議「年金記録回復委員会」が救済基準の緩和案をまとめ、すでに実施されている。

【関連記事】
厚労省、年金積立金運用の数値目標定めず
原口、長妻両氏が対立 年金積立金の運用めぐり
年金運用 「積極」総務省vs「慎重」厚労省 実績低迷 給付水準に影響も
年金機構移行で電子処理ミス810件 厚労省が謝罪
「目安は120万円」 自営業の妻、パートで働くには
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

養殖の被害甚大 三陸 損失額算定急ぐ(河北新報)
自殺装い殺害容疑 元妻ら5人逮捕(産経新聞)
全日本学生児童発明くふう展 表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
<鳩山首相>小沢氏と合意…政府と党、共同し政権公約策定(毎日新聞)
「金融商品で損」私大職員、行員の不倫写真捏造(読売新聞)

5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市 (産経新聞)

 5歳の長男に食事を与えず、餓死させたとして、奈良県警捜査1課などは3日、保護責任者遺棄致死容疑で、奈良県桜井市粟殿の会社員、吉田博(35)と妻のパート従業員、眞朱(まみ)(26)両容疑者を逮捕した。県警によると、2人は容疑を認め、「愛情がわかなかった」と供述しているという。

 県警によると、死亡した智樹ちゃんの遺体には数カ所のあざもあり、暴行の有無も調べる。智樹ちゃんの体重は、標準の半分以下の約6キロしかなかったという。

 逮捕容疑は、今年初めから約2カ月間、智樹ちゃんに十分な食事を与えず、歩けないほど衰弱したのに治療も受けささずに放置。3日、飢餓による急性心不全で死亡させたとしている。

 眞朱容疑者は「1月から食事を1日1食程度しか与えておらず、最近1週間は与えてもほとんど受けつけない状態だった」と供述しているという。

【関連記事】
継母を傷害致死容疑で再逮捕へ 頭部に衝撃?
東京・江戸川の児童虐待「適切に対処できず」
死亡3歳女児、体に多数あざ 虐待の可能性も
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望
2歳長男虐待死 父親に懲役11年判決

「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文(読売新聞)
「医療広告ガイドライン」Q&Aに事例追加(医療介護CBニュース)
Broadway (マイクロプロセッサ)
「麻生さん入った風呂はイヤ」 首相公邸改修乱れ飛ぶ憶測(J-CASTニュース)
犬狼伝説

<厚労省>「漢方」「はり」治療データ蓄積、人材育成を提言(毎日新聞)

 漢方や鍼灸(しんきゅう)の今後のあり方について、厚生労働省の研究班(班長、黒岩祐治・国際医療福祉大教授)が提言をまとめ25日、長妻昭厚労相に提出した。治療効果のデータ収集や人材育成、原料の国内栽培の推進などを提案している。

 個別化医療を実現するために、患者の症状や診断、治療結果を収集・蓄積しデータベース化を進めることを提案。また、漢方薬については、現在は8割以上を中国からの輸入に頼っている生薬原料を、25年までに自給率を50%に高めることを目標とする▽休耕地や植物工場を活用した生薬原料の栽培▽漢方の正しい知識の普及−−などを提言した。鍼灸については、研修の充実で鍼灸師の専門性を高めることを盛り込んだ。

 漢方や鍼灸などの伝統医療は、中国や韓国の主導で国際的なルールづくりの動きが出ている。提言では、日本も専任の担当部署をつくり、政府主導で対応することも求めた。

 渡辺賢治・慶応大漢方医学センター長は「中国や韓国は国際会議に国の担当者が来ているのに対して、日本は学会レベルで対応しており限界がある」と話している。

 漢方をめぐっては昨年の政府の事業仕分けで、漢方薬がうがい薬などと共に保険診療から外す案が出るなど、専門医の間には危機意識が強い。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
厚労省:医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人
児童虐待:防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ
郵便不正事件:厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判
受動喫煙防止:分煙では不十分 「全面禁煙」厚労省通知へ
受動喫煙防止:飲食店なども原則全面禁煙 厚労省通知へ

普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整(読売新聞)
小沢氏ねだる? オバマ米大統領との面会、実現可能性は(産経新聞)
ハワイ沖で実習の「宮城丸」無事 訓練中に津波観測(産経新聞)
<拡張型心筋症>沙也さんの募金が目標額達成 心臓移植へ(毎日新聞)
診療報酬22年度改定 30床の療養病院 在宅患者の暮らし支える(産経新聞)

天皇陛下が内井昭蔵展に=皇后さまは発熱で取りやめ(時事通信)

 天皇陛下は26日午前、東京都世田谷区の世田谷美術館を訪れ、「内井昭蔵の思想と建築」展を視察された。皇后さまは熱があるため取りやめられた。宮内庁によると、ここ数日、せきがあり、風邪とみられるという。
 展覧会は、天皇、皇后両陛下の住まいの皇居・御所や、同美術館を設計した建築家の故内井昭蔵氏の回顧展。天皇陛下は御所の設計図面や模型などを見て回った。 

五輪招致の赤字6.9億円に=活動報告書を公表−東京都など(時事通信)
厚生・社保病院存続で各党要請行動−全国連絡センターなど(医療介護CBニュース)
<郵便不正>元係長「再逮捕を恐れ」被告関与と供述(毎日新聞)
沖縄で早朝に震度5、津波警報も発令(読売新聞)
排出量取引「来年中に」 温暖化基本法案、導入時期明記へ(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。